2006年12月06日

にら(ニラ)の栽培方法

にらにらは種からでも株分けでも比較的簡単に育てられ、夏場は4〜5回収穫できる非常にお得な野菜です。


種からの場合、春先(2〜3月)にポットなどへ種をまきあまり冷えないところで管理しましょう。
その年はにらの株を作る年なので収穫は出来ません。

今年からにらを収穫したいという方は株から育てましょう。
株からの場合は、5月頃に植えつけます。

にらは長期にわたって栽培しますので、土作りの良し悪しで先々の収穫が変わるかもしれません。
酸性土壌を嫌うので、しっかり石灰などをまいて耕しておいて下さい。
うちではわらなどを燃やして土へ埋め込んでいます。

肥料は堆肥等有機肥料を混ぜておきます。

にほんブログ村 花ブログへ←家庭菜園やガーデニングのランキングに参加しています。
応援クリックポチッとよろしくお願いします。

タグ:にら ニラ 栽培
この記事へのコメント
TBからやってまいりました。

ニラの家庭菜園はやっていませんが、

雲南百薬の栽培はすごいですよ。
Posted by Hiro at 2006年12月06日 23:13
シティーライフブログ
管理人の満田寿です。
トラックバックありがとうございます。

自給自足の記事には 大変館名を受けました。
シティーライフブログには、自分勝手な栽培記事がありますので こちらもよろしくお願いします。
「雑草と間違われたオクラ」
http://weblog.citylife.co.jp/?eid=352592
Posted by 満田寿 at 2006年12月07日 06:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニラ
Excerpt: ニラニラ(韮、英:chinese chive、gynmight、学名 Allium tuberosum)は、ユリ科ネギ属の多年草。緑黄色野菜。古事記では加美良(かびら)、万葉集では久々美良(くくみら)..
Weblog: 薬草・ハーブ・スパイス辞典
Tracked: 2006-08-24 14:49

野菜の値段が2倍になったら
Excerpt: ●太陰暦(旧暦)6月(水無月みなづき)25日 正午月齢24.5 日  浄化の時期ですから、体の悪いものを どんどん放出しましょうね 汗を流したりホットヨガしたり、ね ●13の月暦(マヤ暦)13月24日..
Weblog: 宮沢賢治の風 かぷかぷカレンダー
Tracked: 2006-12-06 23:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。