2006年12月10日

にんにくの栽培方法(育て方)

にんにくの栽培方法(育て方)

にんにくは皆さんよくご存知のとおり大変栄養価が高く疲労回復や殺菌作用のある野菜です。

驚くことにインフルエンザの弱いウィルスなんかはやっつけてしまうらしいので、にんにくを定期的に食べましょう。
ただしにんにくの摂りすぎには注意!
にんにくの栽培方法

準備は、スーパーに売っているにんにくからでもにんにくは育ちますが、ホームセンターなどで「にんにく作ってみたら」みたいなにんにくのタネ球を手に入れましょう。

9月〜10月 にんにくの植付
 にんにくの塊を1片ずつにばらします。
 10cmほど間をあけて植えつけたら、土をかぶせて水やりします。

年末〜年始 年末と年始に分けてにんにくに肥料をあたえます。

春先 にんにくの芽が出てきますので、見つけたらカット。
 にんにくの芽が大きくなると、にんにくの球へ行く栄養分が減ってしまいます。
 にんにくの芽も食べれます。

5月〜6月 にんにくの収穫
 にんにくの葉茎が半分くらい枯れてきますので、晴れている日を見計らって
 にんにくを掘り起こしましょう。

新鮮なにんにく
 掘ったばかりのにんにくは、さわやかな香りでもちっとした食感です。
 ちょっとはその日に料理してしまいましょう。
 手作りの味が楽しめますよ。

にんにくの保存
 にんにくは風通しのよい日陰につるして保存しましょう。
 にんにくが蒸れるとカビが生えやすいので、ご注意ください。
 にんにくを冷蔵庫で保存する時は、チルドルームにしましょう。

にほんブログ村 花ブログへ←家庭菜園やガーデニングのランキングに参加しています。
応援クリックポチッとよろしくお願いします。

posted by カエル at 12:00 | 奈良 ☁ | Comment(7) | TrackBack(2) | 野菜の栽培方法(育て方)
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
私は家の裏庭で、なんちゃって菜園しております。
今年は秋口暖かかったので、ダイコンも大きくなりすぎ〜!!
毎日食べまくっています。

同県の方ですね。
また、遊びに来ます♪
Posted by てんちゃん at 2006年12月13日 22:52
トラックバックありがとうございます。
ニンニク良いですよね。元気の素みたいで。
これから寒くなってくると ニンニクが欠かせないような。。。
Posted by RYOJI at 2006年12月14日 09:29
TBありがとうございます!
にんにくだいすきです。
いろいろ育ててらっしゃるんですね!
私もがんばってみます!
Posted by miyu at 2006年12月14日 17:40
大蒜の植え付け時に、皮をむいて植えてしまいました。今、芽が出ています。
この先、どうなるか心配と楽しみです。
Posted by let leaf at 2006年12月15日 17:39
我が家も国産、地域産の野菜を購入して食べていますがにんにくは中国産が多く今年初めてにんにくの家庭菜園に挑戦してます。陽子さんのブログを手本にし栽培しようと思ってるのですが、にんにくを植えつけてからすぐ芽?が出て、今は水仙のような葉が勢いよく出ているのですがこれは、ちぎらなければいけなかった芽?ですか?
Posted by 野住範子 at 2006年12月26日 17:59
トラックバックしていただき、ありがとうございます!にんにくの栽培に関してはまだまだ知識が浅いので^^;勉強になります!また情報を探りにこちらへおじゃまさせていただきますね!
Posted by にんにく畑 at 2007年01月10日 11:13
にんにくの栽培方法
参考になりました。感謝
今年初めて植え付けします。
Posted by 内山 洋 at 2009年09月24日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29117196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

おすすめサプリ情報・黒にんにくパワー
Excerpt: 発酵黒にんにくパワー(青森県産福地ホワイト六片種使用) 3g*60袋              商品
Weblog: 大好き!通販ショップ情報ナビもぐら
Tracked: 2006-12-13 22:38

緑の濃すぎな野菜は危険?
Excerpt: 前回に引き続きこの本からネタをいただきました。 永田農法 おいしさの育て方 この本の116ページに 「緑信仰への危惧」 という項目があります。 概要は、 お..
Weblog: 自然農への道
Tracked: 2006-12-31 22:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。