2007年01月14日

用土の種類

用土として代表的な土は、黒土、赤玉土、鹿沼土などがあります。
ほかに川砂などの砂も用土として使われます。

黒土、赤玉土は関東ローム層の火山灰土で、表層が黒土、下層が赤土で、赤土を乾燥させて粒状にした土が赤玉土です。

鹿沼土は名前のとおり、栃木県鹿沼地方で取れる軽石火山砂のことです。

川砂は川の砂で、海の浜辺の砂とはちょっと違います。
通常ホームセンターで売っている砂は川砂で、必要があれば買うようにしましょう。
しかし海の砂もあまり粒子の細かい砂でなければ、洗う(塩分を抜く)ことによって流用できます。

にほんブログ村 花ブログへ←家庭菜園やガーデニングのランキングに参加しています。
応援クリックポチッとよろしくお願いします。

posted by カエル at 19:41 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニングの基礎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31408283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。