2007年01月17日

腐葉土完成

P1000019.JPG腐葉土は、落ち葉などがバクテリアやミミズなどの土壌生物により分解されて土状になったものなので、厳密に言うと土ではないが堆肥として大変役立つ土のようなものです。
その名の通り腐敗しているので色は黒っぽいですが不快感を覚えるようなにおいは無く、山林に入ったときと同じような香りがする土です。

長い月日をかけて自然が作り出す天然の肥料で、植物の栽培や昆虫の飼育に適した堆肥です。
山林に行けば手に入る土ですが、普通はホームセンターなどで袋詰めで販売されているため街でも手軽に手に入れることができます。

よくホームセンターにあるブレンドされた花と野菜のみたいな土をそのまま使わず、10%ぐらい腐葉土を混ぜて使うと、野菜なども生き生き育ちますよ。

何事も一手間かけてですね。

うちは自前で腐葉土というか、堆肥化させています。

にほんブログ村 花ブログへ←家庭菜園やガーデニングのランキングに参加しています。
応援クリックポチッとよろしくお願いします。

タグ:腐葉土 堆肥
posted by カエル at 23:06 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニングの基礎
この記事へのコメント
カエルさん、トラックバック有難うございます。
植物の栽培は土作りだと思います、カエルさんが薫君のブログに訪れていただいた菊づくりの腐葉土以外にガ−デニングの花の土も覗いて下さい。
此からも宜しくお願いします。
Posted by 薫君 at 2007年01月18日 18:18
カエルさん、TBありがとうございます。
自給自足というキーワードが大切ですね。
腐葉土づくりは落ち葉を集めて今製造中です。
にんにくやタマネギ、イチゴは、今年から本格的に作る予定です。
Posted by サンセットエヴァー at 2007年01月20日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。