2007年01月21日

しその栽培方法(育て方)

しその葉をちょっと料理に添えてと思ってスパーで買うとそれなりの値段が付いているのに、なかなか保存しにくい。もったいない。
だから自分で作ってみよう。

しその栽培はいたって簡単なので、種から育てたほうがお得です。
苗から育てる場合は、なるべく大きな葉になっているものを購入しましょう。

種からの場合、3月ごろポットに蒔きあまり冷えないところで管理しましょう。
本葉3から4枚になったら、地植えするかプランターなどへ植えかえしましょう。
地植えの場合あまり気にすることはありませんが、プランターなどの場合水遣りはこまめに行うことで、やわらかいしその葉を収穫できます。

植える間隔は20cmもあれば充分で、元気良く育ちます。
肥料は、液肥1000倍溶液を、発芽したら与え、植替え時にさらに与える程度でよいでしょう。
より自然農法を考えると、植替え時に土を堆肥の混ざったもので行い、油粕を一握り与えるという方法もあります。

ほっといても育ちますので、のんびりしそ栽培を楽しみましょう。

にほんブログ村 花ブログへ←家庭菜園やガーデニングのランキングに参加しています。
応援クリックポチッとよろしくお願いします。

posted by カエル at 21:36 | 奈良 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の栽培方法(育て方)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。