ガーデニングの基礎記事一覧

2007年01月17日

腐葉土完成

P1000019.JPG腐葉土は、落ち葉などがバクテリアやミミズなどの土壌生物により分解されて土状になったものなので、厳密に言うと土ではないが堆肥として大変役立つ土のようなものです。
その名の通り腐敗しているので色は黒っぽいですが不快感を覚えるようなにおいは無く、山林に入ったときと同じような香りがする土です。

腐葉土続きを読む
タグ:腐葉土 堆肥
posted by カエル at 23:06 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニングの基礎

2007年01月14日

用土の種類

用土として代表的な土は、黒土、赤玉土、鹿沼土などがあります。
ほかに川砂などの砂も用土として使われます。

黒土、赤玉土は関東ローム層の火山灰土で、表層が黒土、下層が赤土で、赤土を乾燥させて粒状にした土が赤玉土です。

鹿沼土は名前のとおり、栃木県鹿沼地方で取れる軽石火山砂のことです。

川砂は川の砂で、海の浜辺の砂とはちょっと違います。
通常ホームセンターで売っている砂は川砂で、必要があれば買うようにしましょう。
しかし海の砂もあまり粒子の細かい砂でなければ、洗う(塩分を抜く)ことによって流用できます。
posted by カエル at 19:41 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニングの基礎

野菜を作ったりするのに土は必要です。
水栽培やバイオテクノロジーの発達で土を使わない農法もできてきてますけど。

野菜のために良い土とは、水や肥料のもちが良くなおかつ水はけが良い、すなわち通気性が高い土がベストです。
粘土質の土では、なかなかおいしい野菜は取れませんよ。

街では土作りから行うことはまずないでしょうから、ホームセンターなどで園芸用の土を選んでプランター栽培などを始められるといいです。
ただ、ブレンドされている土が多いので、これはこれで非常に便利な土です、肥料なども最初から混ぜてあったり、適した野菜があったりと、一応内容は確認しましょう。
posted by カエル at 17:05 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニングの基礎
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。